環藝録

はてなダイアリー『看藝累記』をインポート

陸橋から見下ろすサービスエリア

西広島バイパス西部の「佐方サービスエリア」は自販機やトイレ以外にも売店や食堂も備わっている。外観は自販機が中心となるが。

 

平たい屋根の正面が青く塗られて木々の中でも明るく目立つ。上りと下りのサービスエリアを結ぶ陸橋から見下ろすことができる。

 

自販機だけのほう

瀬戸田から愛媛方面への下り線側のパーキングエリアにはハイウェイショップが無くて自動販売機だけがある。ということが案内図の色分けではオレンジと青で示される。暖色系にプラスのイメージが与えられる。

f:id:kanototori:20190117231522j:plain

f:id:kanototori:20190117231543j:plain

f:id:kanototori:20190117231617j:plain

ずらりと並ぶ自販機エリアは屋根があるから雨宿りの場所にもなるか、透明な壁で多々羅大橋の方向が見渡せるようにしてある。

 

橋に通じる歩行者道

広島・愛媛県境の多々羅大橋は、最寄りの瀬戸田パーキングエリアから歩いて行ける。

 

下り線のパーキングエリアからの案内図には「歩行者以外出入禁止」と注記される。歩行者は上り線のハイウェイショップにも行くことができる。

左に歩行者

その地下道の改良は地面の表示にもある。

スロープによる出入り口では自転車に乗った人がそのままの速さで通り過ぎていくことがあるので、十字路ではとても危ない。

前項の画像のように「自転車はとまりましょう」という表示では効果が薄いようで、地面に「歩行者優先」との表示が目立つように追加されている。中央の点字ブロックは以前から。

基町の地下道からの距離

紙屋町方面から北へ広島城へ通じる基町地下道。

f:id:kanototori:20190104074125j:plain

www.chugoku-np.co.jp

 

昨年末の新聞記事に、観光案内板の表示をわかりやすくするために目的地への距離の表示を加えたことが紹介されている。

言われてみればそれ以前の案内板には矢印とアイコンと名前だけが並んでいた。

kanototori.hatenablog.jp

広島城護国神社は地下道を出てすぐだが、縮景園と県立美術館は1k以上先にあるので、地図がないと途中で不安になるのだろう。

車と人の地下の道

f:id:kanototori:20190113203639j:plain

この案内図は福山駅南口の地下送迎場。

自動車は南西から入り、送迎用の歩道脇で停車かまたは駐車場で停車する。出口は南東へ。車から降りた人は北の出入口から地上に上がることになるので、階段とエレベーターの記号が大きく表示されている。

f:id:kanototori:20190113203636j:plain

逆に、歩行者がそれと知らず地下送迎場に下りてきた際には、「歩行者は通り抜けできません!」という案内図が呼びかける。この場合、階段とエレベーターの場所は自明なので小さいままでいい。