環藝録

写真でつなぐ広島風物記録

石碑の復旧

移転するつもりのない石碑が、災害によって攪乱されてしまった後、傷を残しつつも元の位置に直された姿は、災害からの復旧を象徴する意味が加わる。 安佐南区の細野神社の麓に立っていた「定用水碑」と「熊野忠左衛門墓碑銘」が豪雨災害により土砂に流された…

可部の北の分岐

石碑に「南无阿弥陀仏」と蓮華の刻まれた道しるべが横川(南原川が根の谷川に合流する附近)に据えられている。 正面左右に「右ミよし」「左はまた」と並べることで、南から北への道しるべの役を果たす。逆の機能は無いというか必要がなかったのだろう。 現…

裏面は近代

同じく吉田町にある地蔵堂の前に、種字を刻んだ記念碑が立っている。 享保13年に二百年の法要をつとめた記念として、平らな石ではないけれど凹凸は少ないので刻まれた字は白く映えて読みやすい。 その裏面は元々字を刻むことを想定していなかったのだろう、…

灯籠に刻まれる字

吉田町の住吉神社に据えられている石灯籠は、手を加えない不揃いな面の竿石の比率が大きい。胴長。 大きめな字は、「萬延元」の紀年銘の面くらいで、他の面には細く小さな字が崩して浅く掘られているので、このままさらに風化したら文字があることもわからな…

粗い四面

厳島の参道にひょっこり立っている低い石柱は、上面を水平に均した方位盤が刻まれている。 普通の記念碑と違って、側面の四面よりも天辺を見てもらいたがっている。 だからというか、全体のバランスのためか、側面が平滑でないため刻字が凹凸に紛れてしまう…

河戸筋の要所

可部中央から西へ、柳瀬・今井田方面へ通じる県道は、可部線沿いの区間が着々と拡幅整備されている。 旧河戸駅の手前あたりは元々そこそこの道幅を持っていて、昭和の昔から簡易郵便局や商店が集まっていた所。 大字の中心地といった立地の名残として、警鐘…

駐車場の角の道しるべ

可部の旧道(可部駅東口に通じる県道及びその北に延びる旧可部町中心街)を、柳瀬筋へ別れる交差点には、以前(平成20年)石柱の道しるべが立っていたのを見かけた。 kanototori.hatenablog.jp それから年を重ねると、その道しるべのあった角地がコンビニに…

駅から三丁西

栄橋とそこを通過する道は、近代の市街地の道という性格が濃くて、 東詰の駐輪場脇に立つ道しるべには、「舊大本営」や「泉邸」への距離が示される。橋を渡らず北に向かうと饒津神社。どれも昔の絵葉書の定番にあたる。

栄橋のたもと

個人的には、広島駅から縮景園に行くための橋が栄橋。 京橋のような主要な街道ではないので狭い。たもとの歩道も空間が足りなくて、人の行き来があまりスムーズでない。 橋の両岸、草の生い茂る護岸も雑然としていて、西側の岸の雁木も狭い。6年前の記事では…

京橋のたもと

猿猴橋や京橋のように、近代の形を保っている橋の親柱は大きな角柱を門柱のように構えているので、橋の出入りには見通しが悪くて不便なこともある。 しかし凍結防止剤の置き場にはちょうどいい。

「驛前大橋」

幅の広い駅前大橋は橋のたもとを末広がりにしてあるので、横断歩道から真っ直ぐ行く人も、川沿いの道を行く人もスムーズに渡れる。 たもとのカーブをつくる親柱にはこじんまりと「驛前大橋」の橋名が刻まれている。「驛」が旧字体で、「橋」(呑の部分が有)…

駅前大橋からの分岐

城跡を縫って文化施設を辿る「文化の道」と、京橋川沿いに平和大通りを進む「平和の道」にしても、最終的には平和記念公園に至る。 駅前大橋南詰の道しるべは五ヶ所の目的地を挙げるが、方向は西か南かのどちらか。それぞれの道で中間で分岐した先に比治山公…

駅前大橋が起点

広島駅南口から、市内中心部の広島城跡や平和公園への徒歩による道筋が設定されていて、それぞれ「文化の道」「平和の道」の名がある。歩道の角角に案内表示がある。 各所にある案内図は市外の詳しい地図としては古くなりすぎたものの、ルートは大きく変わっ…

橋の名義

『芸藩通志』巻七安芸国広島府二の「橋梁津渡」は西国街道の東から橋の名が並ぶ。 「俄羅々々橋」は「昔はがら竹を用ふ、故に名づく」とあり、 次の「猿猴橋」は「名義知れず」とする。怪異は蒐集してない。

猴子橋

モニュメントの隣には、頼山陽の詩「郷に到る」の書を載せた説明板が輝いている。 詩では猿猴橋は「猴子橋」。山奥の吊り橋みたいな絵が浮かぶ。

両岸の説明板

広島駅側には猿猴橋欄干復元についての説明板、対岸にはそれより以前からある「西国街道と猿猴橋」の説明板。 近世の橋の痕跡は無いだろうから、添えられる写真は、今のコンクリート橋の変遷。どうせなら町絵図の橋の絵などもほしい。

花崗岩のモニュメント

猿猴橋の広島駅側には、平成28年の復元の際に造られたモニュメントがある。 復元前の親柱と欄干を使って説明板と共に立つ。 金属供出前の姿を復元したことで、黒との配色が目立つことになり、被爆時の石の橋の姿は説明板の写真で補足されることになった。原…

白い橋と赤い幟

親柱の復元された猿猴橋は、白と黒の映える名所として若返った土木遺産。 駅前が今後さらに変わっても、当分はこの橋は残ることが想定される。 川岸に並ぶ稲荷めいた幟は「えんこうさん」が協賛者名付きで彩る。

橋の間の枝垂桜

猿猴橋より下流側がウッドデッキの遊歩道で、猿猴橋と駅前大橋の間の小さな広場には猿猴橋親柱のモニュメントと、記念植樹のシダレザクラが並んでいる。 広場から眺めるも良し、駅前大橋に上がるスロープから見下ろすも良し。

木の道と桜

駅前の川は、船着場を除けば親水の空間は無くて通り過ぎる遊歩道。長くとどまって時間を過ごすには狭い。見下ろすよりも、木やビルを見上げる景観。 駅の対岸側の遊歩道はウッドデッキ様で、桜並木や記念碑がくいこんで道をジグザグにする。 そこから川へ降…

駅前の川の駅

そんな川岸にも川面に接する階段はところどころにあって、駅前大橋たもとに設けられた川の駅の遊覧船乗り場は白く目立つ岸辺に階段が広がっていふ。 縮景園経由の平和公園行き遊覧船は白島まで川を上って本川を下る。平和公園まで1500円。 運営元の表示は重…

猿猴橋の前後

駅前大橋のような幅の広い車道を持ち、堤防よりも高い位置を跨ぐ橋でないと、下をくぐる道は設けられず、 猿猴橋にしても荒神橋にしても、橋のたもとは傾斜の急な岸があるばかり。

駅前大橋の下

広島駅の南口から吉島方面へまっすぐ通じる駅前通り。最初に渡る橋が「駅前大橋」。 両岸とも、橋の下をくぐる道が設けられている。親水の意味合いは薄く、単なる通り道。 水面に近い高さに降りるため、スロープの手前に「こんな時は通らないで!」と注意書…

空鞘橋くぐる道

堤防の高さかそれよりも高い位置に橋はかかっている。 空鞘橋の上流側も下流側も親水護岸として整備されている。遊歩道が橋によって途切れることなく、下をくぐる道で繋がっている。 公園広場に近い上流側は緑の面が広く、文化施設の裏手の下流側は繁茂する…

説明板諸相:基町堤防の経緯

堤防の上に設置された看板は、河岸緑地の利用者に向けてのもので、 堤防内側下に立っている白黒の看板は、堤防そのものの説明板。福島氏時代から戦中までを第1段落、戦後復興から現在の緑地整備までを次の段落としている。 先ほどの看板は太田川河川事務所…

公園寄りの河川敷

空鞘橋東詰は中央公園の西の端。 その河川敷は三篠橋付近よりも広い緑地で、休みの日を憩う人たちで賑わう。 色落ちのない真っ黄色な看板が、「河川敷利用マナー8箇条」を載せている。ゴミ・騒音・乗り物・火気など種々の注意事項がまとまっているが、最後が…

基町河岸の注意書き

基町高層住宅に接する本川河岸。北には三篠橋、南には空鞘橋。 堤防上の歩道と、その周りの緑地は、自動車の行きかう道路よりは安全な遊び場とはいえ、川の流れに近づきすぎると危険な場所。階段入口は柵で塞がれ、基町地区安全推進連絡協議会による注意看板…

広い河岸の使い道

その橋の工事の為に資材置き場に使われる河岸緑地。 橋脚に資材を運ぶ入り口になるので工事中の出入りが繁くなる。橋の下をくぐる歩道と交差する形。

耐震補強工事1と3

三篠橋の耐震補強工事は、東側の橋脚から工期を分けて施されていて、 平成27年半ばまでの「その1」は「橋脚を補強しています」のタイトルの立て看板で案内されていた。補強工法の解説の写真も看板になっていた。工事費は「1億9900万円」。 平成29年半ばまで…

三篠橋東岸

さらに上流、本川から天満川が分かれる前の旧太田川は川幅が広い。 三篠橋東詰近くの川岸はボートが何艘も繋いである。ゴミが溜まりがちな地点。 岸の上は緑地と遊歩道。橋をくぐって南北を行き来する道でもある。