環藝録

はてなダイアリー『看藝累記』をインポート

街の中の煙突

工場目当てに動き回ったことはないけれど、不意に煙突が目に入ると印象に残りやすい。 芦田川を渡って東岸。草戸町に立つ煙突が周りの建物の低さを際立たせる。

南方の埋立地

亀居城跡の公園から東を望むと厳島だが、あまりわかりやすい姿をしていない。大竹からは近くないのを実感する。 見晴らしのいい南東を望むと工場の集まる埋立地で、県境の小瀬川河口部を形成する。

厳島南端

厳島の島影は大鳥居の背後に聳える向きが描かれやすい。いくつもの谷と峰の集まりを正確に写せないとしても、大体の輪郭を見せれば弥山だと伝わるくらいの印象。 それが主に広島や廿日市方面から見える正面の姿とすると、大竹の亀居城跡から見える島の南端は…

遠景の厳島

霧のかかっていない日には、離れたところから島を眺めると、輪郭はくっきりと、尾根や谷の凹凸は濃淡の違いだけが見える。 宇品宮島間の高速船から遠ざかる島影を見ると、視界に島全体が収まるくらいの距離がちょうど良い姿。 向きがちょっと変わって観音新…

麓から見る霧

それと同じ日でも年でもないが、厳島の麓、桟橋や参道から見上げる弥山が霧に包まれている姿も良い。 晴れ渡って山稜の凹凸が険しく見えるのよりは、山頂が模糊としている方がいい。感想でしかない。

山の上の霧

雷の発生するような天候だと、ロープウェイも運休する恐れがあるので最終時刻もなにもあったものではないが、山上に残されたらどうなるんだろう。 周囲を霧に包まれるような天気なら、運休になることは少ないようだが、見晴らしの良さは期待できない。風景で…

帰りの手段

ロープウェイで弥山を上がった人も、歩きで上がった人も、帰路の時間を考えておかないと暗くなっては危ない。 ロープウェイの山頂駅からの最終便は何時です、と大きい看板に表示されている。残り時間によっては、山頂展望台まで行かずにここに留まろうかとい…

展望台に行く前に

宮島に渡った後、ロープウェイで弥山の獅子岩駅へ。 そこから山頂まで、あるいは霊火堂など諸堂宇への道は数十分かかる。 駅から先に自動販売機はありませんという看板が山頂展望台への所要時間とアップダウンを絵で示して水分補給を呼びかける。

島に渡る前に

同じく宮島口桟橋にて、フェリーに乗る前の人に向けて案内する広島銀行の看板。 同銀行の島内にあるATMは平日のみ利用可能のため、土日祝日は宮島口にあるATMの利用を勧めている。日本円以外についてはちょっと離れた所の店舗の方で両替できるという案内もあ…

往復か片道か

宮島口と宮島桟橋を結ぶフェリーの券売機。JRではない方の。 地元の人はほぼパスピーやICOCAで済ませるだろうから馴染みがないが、初めての利用の人が多い観光地でどういう券売機が分かりやすいか。多言語表示はもはや基本として。 上下半分に色分けしてある…

遠くから値段を

飲料の自販機で、側面に大きく文字を載せる場合、元々のデザインなら飲料メーカーのロゴを見せようとするが、 他より安いことをアピールしたい場合、重ね貼りで大きく値段を見せる。「100円」だったり110円だったり。もちろん全商品が100円ではない場合もあ…

道具の自販機

飲料以外の物の自販機は、まず遠めにも何を売っているかの表示を強調するので、いきおい、装飾が少なくなって文字のみのシンプルな外観になる。 軍手やカッターナイフやタオルが200円ほどで売られている自販機。お店が開いていない時間に重宝するのだろう…

自販機の音声

見かけた時からすでに古めかしい自販機もあれば、撮った時は何の変哲も無い現役の自販機が年数を経ることで時代を感じさせることもある。 写真は11年前。自販機から流れる音声が広島弁のバージョン。まだ土砂災害に遭う以前の梅林駅。 ダイドーの自販機が磁…

神辺の旧道風景

福山市の神辺旧街道筋は神辺城の山の麓に近く、昔ながらの家並みを一部に残す。 三日市通りには、商店の一角に「鈴鹿秀満旧宅」を示す標示が立っている。 ただ、その場でまず目につくのは古めかしいキリンの自動販売機。

青い自販機

憩いの公園、特にスポーツに関わりの深い場所のため、地元音戸町の「清盛スポーツクラブ」の拠点でもある。 その名を表示した自販機が公園内に見られる。

しんぼくの木の根元

そんな大浦崎は「現在では平和な公園 町民いこいの場所となっている」と綴られるように、体育館とそれを取り巻く公園と海浜からなる。石碑の背後が高校のカヌー部の艇庫というのも良い背景を成す。 「しんぼくの木」という記念樹は基地跡の石碑より古く、昭…

大浦崎の知名度

大浦崎は、砂浜と海食崖という自然を残す場所してよりも、特殊潜航艇(甲標的)の工廠跡地として有名。 体育館やスポーツセンターのある公園区域に、平成4年建立の「特攻基地大浦崎(P基地)」の記念碑がある。厳しくはない書体。

砂浜の真ん中と奥

焼却場所とか、古鉄置場とか、この砂浜の南側岬寄りは殺風景な杭と立札の並ぶ用地と化しているが、遊びまわるなら北側の公園に近い辺りに留めるか、あるいは山林をめぐる遊歩道を行くか。 山に近いと今度は落石注意の立札がにらみを利かす。

漁協の白い立て札

その砂浜には、「かき筏焼却場所」という立て札がある。 うっすら見えるのは見出しの「遵守事項」と末尾の「音戸漁業協同組合」くらいで、塗り重ねられて強調された「処理する」が何を指しているのかよくわからない。実際に焼却に利用する人には常識の範疇な…

地蔵の背後

そういう保全区域で「地形の変更や土石の採取などの行為をしようとするときは、届け出が必要です」とある。 そんな砂浜の奥、崖の下には地蔵の据えられた窟がある。地蔵は新しそうだが穴自体は天然のものを整えたのだろう、届け出がいらない頃か。

自然海浜保全地区の地図

大浦崎のその岬は、大浦崎自然海浜保全地区に含まれ、「干潮時に陸続きとなる半島東端に小露岩丘」と説明される。 (18) 大浦崎自然海浜保全地区 - ecoひろしま~環境情報サイト~ | 広島県 その保全地区の範囲は、現地に設置された説明板に表示されている。…

大浦崎の先端

その岩場は、音戸町波多見の大浦崎。弧を描く砂浜の向こうに突き出た岬は、音戸の瀬戸の向かいの警固屋から見渡せる。

岩場の濃淡

海岸の岩場は潮の満ち引きで色を変えるので、黒ずんでいない高さならどの時刻でも陸上にあると見える。 水没しない位置なら岩の間に草木も茂り、沈みがちな岩ならフジツボが安住する。

海に迫る道

切り通しのある大掛かりな海岸通りは頑丈に出来ているだろうから、天気が良ければ不安なく通れそうだが、 岩場の側面を細くなぞったような舗装のない小道は、昔ながらの海沿いの道という趣で、用もないのに通ることがないのでせめて堀切橋から眺めておく。 …

道と海の間

県道35号は倉橋島の幹線道路。堀切から海越の間は西側が海に面している。 消波ブロックの連なる区間は落石注意の標識もあって山が迫っている。ブロックの北端は天然の岩場が岬になって残っている。

アザラシのいる岩

いつも鵜や鷺のいるイカダとはスケールが違うものの、行けば大体いる場所が分かっていれば、観光するならそこが見えるルートを通るのが定番となる。 ミルフォード・サウンドの遊覧船が外海手前で折り返して戻る途中、海に突き出た広い岩場に集まるアザラシ。…

浅いところの水鳥

浅い川とか細い水路とか海岸の堤防とか、鴨や鵜や鷺がいる風景は当たり前のものとして日々通り過ぎていくものだけれど、見飽きることはない。 浮かんで泳いでいる姿より、浅いところを歩いていたり獲物を探している姿を留めておきたくなる。(1枚目と3枚目…

鳩のいる水たまり

烏の行水も見かけたら撮っておきたいし、鳩も水たまりにいるなら目を止める。 この写真をとった同じ日にほかの写真がないので、ここがどこだかよく思い出せない。

鳩のいる公園

公園で鳩を見かけてもわざわざ写真に収めようとは思わないが、身体を膨らませて追いかけ回していたり、 屋根の上の目立つところに立っていたりしたら、写したくならないこともない。

まちなかの公園猫

流川というか繁華街の中の公園にいる猫は、広々した場所を通らずに済んで居心地がいいのだろうと思ったりもする。ビルの構造に精通していそうな。