環藝録

写真でつなぐ広島風物記録

路傍

河戸筋の要所

可部中央から西へ、柳瀬・今井田方面へ通じる県道は、可部線沿いの区間が着々と拡幅整備されている。 旧河戸駅の手前あたりは元々そこそこの道幅を持っていて、昭和の昔から簡易郵便局や商店が集まっていた所。 大字の中心地といった立地の名残として、警鐘…

駐車場の角の道しるべ

可部の旧道(可部駅東口に通じる県道及びその北に延びる旧可部町中心街)を、柳瀬筋へ別れる交差点には、以前(平成20年)石柱の道しるべが立っていたのを見かけた。 kanototori.hatenablog.jp それから年を重ねると、その道しるべのあった角地がコンビニに…

栄橋のたもと

個人的には、広島駅から縮景園に行くための橋が栄橋。 京橋のような主要な街道ではないので狭い。たもとの歩道も空間が足りなくて、人の行き来があまりスムーズでない。 橋の両岸、草の生い茂る護岸も雑然としていて、西側の岸の雁木も狭い。6年前の記事では…

木の道と桜

駅前の川は、船着場を除けば親水の空間は無くて通り過ぎる遊歩道。長くとどまって時間を過ごすには狭い。見下ろすよりも、木やビルを見上げる景観。 駅の対岸側の遊歩道はウッドデッキ様で、桜並木や記念碑がくいこんで道をジグザグにする。 そこから川へ降…

駅前大橋の下

広島駅の南口から吉島方面へまっすぐ通じる駅前通り。最初に渡る橋が「駅前大橋」。 両岸とも、橋の下をくぐる道が設けられている。親水の意味合いは薄く、単なる通り道。 水面に近い高さに降りるため、スロープの手前に「こんな時は通らないで!」と注意書…

基町河岸の注意書き

基町高層住宅に接する本川河岸。北には三篠橋、南には空鞘橋。 堤防上の歩道と、その周りの緑地は、自動車の行きかう道路よりは安全な遊び場とはいえ、川の流れに近づきすぎると危険な場所。階段入口は柵で塞がれ、基町地区安全推進連絡協議会による注意看板…

三篠橋東岸

さらに上流、本川から天満川が分かれる前の旧太田川は川幅が広い。 三篠橋東詰近くの川岸はボートが何艘も繋いである。ゴミが溜まりがちな地点。 岸の上は緑地と遊歩道。橋をくぐって南北を行き来する道でもある。

緑地と歩道の境

元安川東岸、平和大橋に臨む堤防上の緑地には慈母観音像が高く据えられていて、歩道と川岸との間に緑地の空間を広めに持っている。 観音像の背後で歩道と緑地を区切っているのは「自転車等放置禁止」のため。立ち入り禁止という意味合いではないものの、歩道…

榎町の舗装遊歩道

広瀬町地区からさらに下流、榎町の堤防も整備されていて、樹木や石灯籠は残しつつ、幅の広いアスファルトの道が作られていた。 緑地帯というよりは、自転車道のような通りやすさ。

天満町の堤防

広島市内の河川堤防は多くの区間で公園緑地として使われている。 単に通り過ぎる道と捉えると、公園が少ない街と思えてくる。 公園は公園として使いつつ、高潮に備えて堤防工事が各所で施されている。 横川新橋から天満川下流の堤防工事が昨年なされた。 晴…

通学路のくびれ

その多治比川西岸の道は、Google ストリートビューの車も通過できる、舗装の整った道路。 稲田橋側から見ると、道路に張り出した小屋によってそこだけ急に道幅が狭まっているのが目立つ。 稲田橋側からも、国道の吉田橋側からも、「通学路減速」の白線表示が…

川岸のラクウショウ

稲田橋の上手は川床が段になっていて、その辺りで西岸の道路幅がくびれて狭い。小屋が突き出しているからだけど。「対向車注意」と上手に向かって呼びかける。 その道路に赤い葉を散らしているのが、市の指定天然記念物「吉田のラクウショウ」。説明板では単…

多治比川堤防

江ノ川支流の多治比川は安芸高田市中心部の吉田を流れる。 両岸が舗装されていて、立ち並ぶ民家の生活道路。上流から国道54号、県道29号、県道318号がそれぞれの橋を通っている。 国道あたりは道が高く、下流に向かうにつれて胸壁が高さを増す。低いところで…

歩道と柱

山陽本線・可部線の高架が跨ぐ県道277号は、両側に歩道と店舗を構えて南北の商店街に連なる。 歩道の内側に太い柱が狭い間隔で並ぶので、歩道の幅が広がったり狭まったり。自転車は歩道ではなく車道脇をまっすぐ通っている。 西側の工事中は歩道が塞がれてい…

高架下の東西

横川駅の東、県道が線路をくぐる両脇の高架下が耐震工事のためテナントの改装となった。 駅寄りの西側の店舗がまず6月にオープン。県道を挟んだ向かいのテナントはまだ工事前という期間。

階段の壁

横断歩道橋の階段や、ペデストリアンデッキのへりにて、側面を囲む壁は古いものは鉄板で、新しいものは面の広いガラスという印象。 透明な面が広いほど、高所での安全を保障してくれているようなイメージが重なり、見えすぎるのも考えものとなった場合には、…

スカイウォーク欄干

こういう所も欄干というのかどうか。 段原から比治山に上がるスカイウォーク、エスカレーターから木々に囲まれた歩道橋を進んで山の上へ。通路の両脇の壁は上部に手すりとガラス面を備える。 下に物を落としてはいけないから、手すりの高さ以上の空間に身を…

歩道橋の外側

そのように幅の広い歩道橋ができて、欄干も高くなって安心して歩けるようになった。それでいてガラス張りなので川面を見下ろしやすい。

説明板諸相:平和大橋

完成した平和大橋歩道橋は格段に広い道になり、自転車の通行帯も用意できるくらい。 元々の平和大橋の欄干の直下に歩道がカバーしていて、欄干を外側から間近に見ることができる。 「欄干のデザインの由来」を記した説明板は平成31年3月に広島北ロータリーク…

跨線橋工事の花

可部バイパスの車線が増える。そのための跨線橋工事が区役所近くで続いている。 跨線橋が跨ぐ県道の歩道に、工事の内容を知らせる看板が連なる。 そこに添えられるプランターには色鮮やか?な造花が植えられ?ている。

花とエノコログサ

相生通りを西へ向かうと十日市の交差点で電車は左右に分かれる。 その交差点の歩道の角地はプランターで草花が飾られている。 「花と緑の広島づくり」のため広島清流ライオンズクラブから寄付されたプランターで、平成25年(多分)に中区役所により設置され…

店の前の歩道の隙間

エディオン本店前など、相生通りの歩道は地下道出入口や関連機械なので場所を取ってしまうので、幅が狭い所が多い。 プランターの花が殺風景さを多少和らげる。協賛団体にエディオンやグリーンアリーナなどがある。

歩道の蓋が開くとき

中央公園が酒ひろばに使われる際、会場内の排水は隣接する歩道のマンホールかどこかに注ぐ。 蓋を開けてたらちょうど誘導ブロックが途切れてしまうので、迂回するか跨ぐかして補わないといけない。 ここでは、穴の上にスロープを設けて点字ブロックのシート…

側壁が高くなる

大竹市御幸町で国道2号を北上すると、左手に山陽本線の敷地とぴったり接する区間が続く。 敷地内のレールや砂利が歩道から見下ろせていたのが、進むにつれて歩道を隔てる側壁が高くなって中が見えなくなる。 ところどころ、作業用の入口階段があって壁の切れ…

電車と歩行者の橋

橋の両端に歩道がある。この「広電天満橋」は自動車が通ることのできない、路面電車が通る橋。 橋のたもとはカーブミラーが対になって電車の行き来を補助する。軌道の両側には側壁がそびえて歩道の歩行者と接触しないように厳重。

下千足の駐輪場

さらに上流の安芸大橋たもとには「戸坂下千足自転車等駐車場」がある。東区役所管理課による利用上の注意が、古びているがなんとか読める。 ここも堤防上の管理道路の一部を駐輪場の敷地にしてある。そこ以外の道路は「駐輪禁止」の表示がある。

細い駐輪場

太田川の堤防上にある管理用道路が、不動院前駅あたりで国道の歩道と接して同じくらいの高さになる。橋のたもとだから当然とはいえ。 歩行者や二輪車にとっては、県道と国道が交わるだけでなく、堤防の下や上からも人が集まる混雑地帯。駅の東側の駐輪場は二…

薬師への幟

駅からの下りの階段に幟がある。 不動院前駅から東側の歩道に降りるとさらに下の道へ降りる階段がある。 下の道を左に曲がると不動院の入口。 この幟は不動院の中の薬師堂が「中国四十九薬師霊場」に含まれる為、その道しるべとしての幟。 この階段を使うの…

カーブに立つ一本

阿戸と熊野の境近くに祠があり、県道がカーブしている。 カタツムリのマークの看板には「交通安全」の文字。そこからさまざまな注意事項を連想させる効果があるなら、無難な言葉ががたしかに無難なのだろう。 同じく交通安全の文字が幟にもなって何本も並ん…

人と車に見せる文字

阿戸町の熊野川沿い、歩道橋の袂に接するガードレールに「とびだしちゅうい」の看板(広告付き)。歩行者が飛び出すのを注意するなら運転者に向けたものか、平仮名だけなので低年齢向けか。 「第六区町内会掲示板」に貼られた「家庭の日」の標語は「横断は余…