環藝録

写真でつなぐ広島風物記録

高宮中学踏切

JR可部線の可部・河戸間に「高宮中学踏切」がある。占領期に発足した新制中学の一つ「組合立高宮中学校」の付近、現在の広島北税務署の辺り。学校組合は三入村・亀山村・八木村の三ヶ村の学校組合で、「高宮」は当地の江戸時代の郡名*1。八木村も含めて当時の郡名は「安佐郡」であったが、「安佐中学校」は「安・緑井・川内・古市各中学校合併」の組合立中学校の名で別にある。
その後、亀山村と三入村は可部町と合併し、八木村は佐東町の一部になったので、名称は「可部町佐東町組合立高宮中学校」となる。昭和34年に廃止され、可部中学校に統合されたが、地名としては生き続けている。といっても写真は踏切の位置ではない。

参考

*1:おおよそ現在の広島市安佐北区の白木町を除いた範囲