環藝録

はてなダイアリー『看藝累記』をインポート

スロープもある

入口近くに配置された月天の「天猫」から、頂上の日天の「光明の塔」へと、大理石の丘をひたひたと登る道は歩きやすい。すべるでもなく急峻でもなく、人が多くなければふらふらとゆったり歩ける。ただし頂上付近では所々に階段や段差は避けられない。どの方向から見ようかと思えばまず足元を見てから。

そういった道を通れない車椅子などで上がるには丘の南側から回り込むスロープが用意されている。頂上近くにやや低めの表示で車椅子の進路が示される。