環藝録

はてなダイアリー『看藝累記』をインポート

茶色と模様

近づいて触ったりしない距離感の中で、背中にある白い斑点模様(鹿の子まだら)の見え方が訪れた時期とともに記憶にとどまる。


等間隔にくっきり見える斑点もあれば、腹の近くにだけ目立って見えるような場面もあり、


ほとんど模様が見えない時期もある。