環藝録

はてなダイアリー『看藝累記』をインポート

見上げる橋

橋の見た目は、渡る人と遠くから見る人と潜る人とで印象が異なる。

橋脚の形が印象的でも渡る人には見えず、橋の路上に施された意匠は橋をくぐる人には見えない。

普段歩き慣れている橋でも、船の上から見える姿は新鮮であろうと思いつつも、なかなか地元の遊覧船に乗ることは無く、

 

乗るとしたら他所の街や観光地で馴染みのない橋の裏側や橋脚を主に見ることになる。画像は大阪の大川を巡る水上バス