環藝録

はてなダイアリー『看藝累記』をインポート

昭和43年の裏参道

その注連柱の先には、同じく昭和15年の石鳥居や明治百年記念植樹など多数の石造物がある*1。階段を上がる表の参道。

 

f:id:kanototori:20180708230413j:plain

f:id:kanototori:20180708230407j:plain

社殿の背後には車の通れる坂道が通じている。そちらにも注連柱が建てられていて、墨も黒々と「敬神」「崇祖」。

f:id:kanototori:20180707230142j:plain

戦後の注連柱で新しいといってももう50年。「明治維新百年記念」という理由なので、この昭和43年に境内が整備された所が多い。