環藝録

はてなダイアリー『看藝累記』をインポート

半円の割れ方

極楽橋と同じ水路筋に「清水橋」がある。

 

親柱の銘板の表示は漢字と平仮名で対になっているため、読みがきよみずばしだと分かる。銘板に濁点は無いが。

 

経年のためか事故のためか、親柱頂部の半円形部分が割れて分離してしまいやすい。四つ角それぞれに状態が異なり、欠けているものが一つ、割れ目を繋いでいるものが二つ、ひび割れつつも形を保っているのがひとつ。