環藝録

写真でつなぐ広島風物記録

港の広場に時計

上は宇品港の旅客ターミナル前の広場に立つ時計台。四面にそれぞれ時計がある。盤の数字が無いがその分目盛が太いので、離れていても大体わかる。
下は江田島の中町港前の広場に立つ時計。灯台を模した台に3面の時計。

どの方向から見ても良いデザインに整えようとすると2面の時計では足りない様子。

大野浦駅南北の時計


大野浦駅平成27年から30年にかけて橋上駅舎の工事がなされ、南口と北口にロータリーが整備された。
kanototori.hatenablog.jp
南口の時計はタクシー乗り場と待機場の間にあって、大野町商工会青年部による寄贈と表示されている。
北口の時計は防火水槽のある島の真ん中にぽつんとある。どちらも頂部にソーラーパネル