環藝録

写真でつなぐ広島風物記録

地名

下寺家バス停

上寺家バス停はJRバスの路線だけが停まる。 下寺家バス停の方は国道にあるので芸陽バスの路線も通る。西条の中心部に近い方が「下」で遠くにあるのが「上」という昔からの位置関係に、「寺家駅前」という区域が間に割って入る形。

上寺家バス停

「上寺家バス停前」という交差点の北に上寺家バス停がある。その道は上寺家住宅を抜けて北の東広島医療センターに通じる。 https://www.chugoku-jrbus.co.jp/route_bus/hiroshima/detail/index.html#higashihiroshima_4 ここを通る路線バスは西条駅と東広島…

上寺家の入口

跨線橋の先には寺家駅ができる前からの住宅街が広がる。 交差点名「上寺家バス停」には地蔵堂があり、上寺家1区の住宅案内図が並んで団地の入口を示す。

細いままの踏切

山陽本線の寺家駅に近い「横田第五踏切」。上の写真は平成22年なのでまだ寺家駅は無い。 https://maps.app.goo.gl/knRDeFtJL7qT6kRTA?g_st=ic ここでの制限表示は「自動車通行止め」、なので軽自動車も通れない幅。「小特を除く」なので田畑が多かった頃は普…

直進はバス

祇園新道を跨ぐ歩道橋から車道を見ると、南に向かう四つの車線に文字がある。 左端は国道2号か広島駅方面へ、その隣は国道2号。祇園新道(国道54号)は左折後すぐ右折するので国道2号はさらにその先。 3番目の車線は赤い四角で「バス」を強調する。直進した…

北にまっすぐ城北と新白島

サッカースタジアムと広島城御門橋の間にペデストリアンデッキが開通し、歩行者の東西南北の移動がスムーズになった。 祇園新道を跨ぐ歩道橋から北に降りるスロープを望む。降りる地点は灘尾弘吉像に近い。 手すりに表示される目的地は「JR新白島駅」と「ア…

城北駅の南北

広島城の北にあるので城北駅。 アストラムラインの駅から広島城に向かう場合、城北駅から内堀を回り込むか、県庁前駅から地下道を通りつつ二の丸に出るか。城に関わる駅名だからと城北で降りると付近には学校やアパートや公民館といった生活スペース。 駅前…

県庁前の反対側

ゲートパークが出来てもその場所が旧市民球場跡と呼ばれなくなるわけではないが、「旧市民球場」では厳密には跡地を意味しないけど、いま(写真昨年11月)その表示を見れば跡地のことと解する。 「バイク乗り入れ禁止 バイクにて駐輪場をご利用のお客さまは…

天神川駅からの矢印

天神川駅(南側)のホームから改札を出て階段を下りる。 階段の頭上にあった案内表示が、階段とは反対方向(西)へ矢印を向けて「マツダスタジアム 広島市民球場」を示す。 駅の近くの広島高速高架下にも左方向に「マツダスタジアム」が示される。写真は平成…

191号別れ付近

安佐北区の総合福祉センターは区役所とも区民文化センターとも若干離れた位置にある。どちらかというと区民文化センターの方が不便な場所にあると言われがち。 旧国道54号と国道191号の交差点に近く、最寄りのバス停は可部上市。可部駅からの距離は1.3kmでこ…

安芸区の中心施設

西区の場合、区役所と総合福祉センターが少し離れていて、区民文化センター・図書館とはさらに遠い。 それらの施設が隣接しているのは安芸区・東区・南区あたりか。安芸区役所等は船越と海田の境に近いものの安芸区全体で見ると交通の便からみて良い立地にあ…

長井バス停

荒下県営住宅前バス停は対象が無くなってからずいぶん経ってから名称を終え、長井バス停が新しい表示とともに現れた。 駅前ロータリーにあるバス停は「北部医療センター」なので、あき亀山駅の最寄りバス停ではなくなっている。

病院の出来る前

現在の可部線あき亀山駅は安佐市民病院の最寄駅。駅が出来てから病院が移るまでの数年間、駅と太田川の間には県営住宅跡地の敷地があるばかり。 平成29年時点で最寄りのバス停はまだ「荒下県営住宅」で、路線バスの行き先には安佐市民病院もあった。「可部駅…

電停から大学への矢印

日赤病院前電停は旧称「広島大学前」電停。大学の東広島市への移転により、最寄りの大きな施設は日赤病院に。 電停の出入口にあたる横断歩道の手前に「放送大学 広島大学 日赤病院」を矢印で案内している。病院はまっすぐだが大学はすこし北へ曲がる。

最寄駅のメロディー

可部線の安芸長束駅は三滝と下祇園の間の駅。 ここを最寄駅とする広島文化学園大学・短大の広告があり、左半分に「長束音頭」の説明がある。 同学園により楽譜化・CD化の成った長束音頭は平成30年に駅の発着メロディーとなる。

高校と路線バス

通学に便利な路線バスがあればスクールバスいらず。それは学校の立地にかかるので後から挽回しにくいところ。 アルパークを経由するいくつもの路線バス。なかには団地の中の高校が目的地の路線があったり、市内に向かう路線の途中で「広商入口」のように最寄…

当時の4番のりば(大町)

平成23年当時の大町バスターミナル。4番のりばには祇園・横川・広島駅方面の路線バスのほか、スクールバスも発着した。当時の表記なので「文教女子大附属高」となる。 kanototori.hatenablog.jp に載せた「大町バスターミナル案内図」は平成19年の写真で、そ…

当時の1番乗り場

平成20年当時の錦帯橋バスセンターの1番乗り場。 岩国駅と結ぶいちすけ号は岩国市営で、周防大島方面は防長交通。前者が「毎時30分発」で後者が1日2便のみ。

中八木の区画整理

中八木公園内に立っていた「中八木土地区画整理事業について」の碑は昭和51年建立。 この地の農耕地や住居が太田川の改修事業の影響を受けることから発足した組合の事業完了を記念して綴られている。背面には地権者の名が連なる。 「水の維持流量確保のため …

中八木公園旧状

文字の薄れた「中八木公園」の表示を見たのは平成19年。 城山の麓、八木九丁目の端に位置するこの公園は当時草っ原と言えそうな広場だったが、のちに整備されて平らな土の広場になり、入口にはスロープも備わった。 公園の南の端にあるオブジェは今も残って…

中広の東通り

中広町の中心を南北に「中広通り」が貫く。中広でバス停があるのはここと城南通り。 その他の生活道路のうち「中広町東通り」は幅の広くて長い道。北は横川新町に突き当たり、南は上天満町の天満川堤防に接する。周囲よりやや高い位置を通るので地形に沿って…

中広中学校バス停

一昨年の夏から、西区の中広中学校バス停(横川駅行き)の位置が横川駅寄りに移動していた。工事が済めば元に戻る一時的なこととはいえ、混乱しないように元位置での案内を分かりやすくしておく必要がある。停車しない元の場所では黒く覆ってあった。 臨時の…

朝だけのバス停

アルパークバスターミナルの外にある「アルパーク」バス停。 西棟側にある「もみじ銀行前」の乗り場は朝6・7時台にだけ広島駅方面へのバスがとまる。 「当停留所は午前八時以後バスは留まりません」と大きく表示されている。「とまる」の漢字は「留」があて…

訳さず商工

西区の「商工センター」の場合、「Shoko Center」と表記されることが一般的か。 廿日市市の「木材港」も「Mokuzai port」となる。

皆実町一丁目の向かい

南区役所のある皆実町一丁目は国道2号の南側。 国道2号を跨ぐ歩道橋には「皆実町一丁目」と「比治山本町」が表示されている。 比治山本町側にあるバス停も「南区役所前」。上りと下りで「南区民文化センター前」と変わるわけにもいかない。

皆実町一丁目にあるバス停

kanototori.hatenablog.jp 皆実町は国道2号の南、京橋川沿いの市街地。国道2号に接する一丁目も、御幸橋に接する六丁目も主要な道が交わるところ。 国道2号のバス停「皆実町一丁目/南区役所前」は、住所と施設名を併記してさらに他言語表記もあって長ったら…

稲荷町交差点

www.chugoku-np.co.jp 「駅前通り」の名を刻んだ石碑があるのは稲荷町交差点。 先月の工事でその交差点に路面電車の駅前大橋線のレールが敷設された。 駅前通りを横切る既存の線路に交差する線路と、北西角をカーブする線路が加わっている。 この交差点を車…

赤い幕と青い幟

安芸高田市甲田町の国道54号沿い、三叉路の突き当たりに標識と並び建つ地蔵堂がある。 青い幟が数本お堂の前にはためく。「智徳地蔵尊菩薩」の名前。 お堂は赤い幕が下がり、像にも赤い布。 赤に囲まれるのが地蔵らしく見えるとともに、幟は赤でなくても違和…

梅林の里公園

https://maps.app.goo.gl/eS8RWXx3nbVQm2UA8?g_st=ic 梅林駅から坂道を辿り、整備された道を左手に進むと豪雨災害伝承館。八木三丁目。 建物の前には広場もある。公園の名称は「八木第六公園」、通称「梅林の里公園」。 第五公園はここから北東の八木四丁目…

三川橋と松原橋の間

安佐南区の古川の堤防で汚染土の除去作業が行われたのは昨年度の末のこと(11月〜3月)。 中国地方整備局の発表資料にある作業内容は、「堤防の掘削、土砂搬出、盛土、仮設矢板打設」とある。 工事期間中は三川橋と松原橋の間の右岸遊歩道が通行止めとなり、…