環藝録

写真でつなぐ広島風物記録

路傍

樋本跨線橋の東

kanototori.hatenablog.jp 「寺家地区に新駅を」の看板があったのは現在の寺家駅の西、樋本跨線橋から東に見下ろした林にあった。ストリートビューで看板が見られるのは「2013年11月」分まで。https://maps.app.goo.gl/Exp2z4w3qzb7cHRa7?g_st=ic

細いままの踏切

山陽本線の寺家駅に近い「横田第五踏切」。上の写真は平成22年なのでまだ寺家駅は無い。 https://maps.app.goo.gl/knRDeFtJL7qT6kRTA?g_st=ic ここでの制限表示は「自動車通行止め」、なので軽自動車も通れない幅。「小特を除く」なので田畑が多かった頃は普…

かつての踏切

平成19年、まだ可部線の可部駅以降の電化延伸前で各踏切が普通の道路に舗装されていた頃。 河戸駅跡を西に臨む小さな踏切跡の側に倒れていた看板に、「普通車通行止め あぶない! 軽自動車までしか 通れません」との注意。その前後の道が細いので迷い込む普通…

並列な交通看板

富山駅前の通りの入り口に銀色の看板があり、道路を走って駅に向かってくる人に向けて立っている。 城址大通りマナーアップロード自転車は 通行指定ゾーンを走行しましょう。一方通行 にご協力ください通勤・通学の時間帯は 一方通行に ご協力ください。 字…

西松原口御門跡

大手郭とは反対側、天守の北西にも堀が巡らされていて、現存の内堀の角が中堀に通じる。 その中堀がさらに外堀と接するのが西松原口御門跡の地点。祇園新道から西へ分かれる道がマルナカなどへ通じるその途中の歩道。街路樹と公衆電話の間に立つ石柱は交差点…

県庁前の反対側

ゲートパークが出来てもその場所が旧市民球場跡と呼ばれなくなるわけではないが、「旧市民球場」では厳密には跡地を意味しないけど、いま(写真昨年11月)その表示を見れば跡地のことと解する。 「バイク乗り入れ禁止 バイクにて駐輪場をご利用のお客さまは…

庚午第三公園

庚午中(こうごなか)二丁目にある「庚午第三公園」は、公園の中の遊具は一般的なものであるけれど、南西の歩道との境に水路と池があるのが特徴。そのため歩道側にも車道を背にしたベンチが置かれていて、とある年のGoogleストリートビューには撮影車を凝視…

可部陸橋の凍結防止剤

旧国道54号の可部陸橋は可部駅のすぐ北にあって跨線橋となる。 可部駅側の親柱に凍結防止剤が乗せられていて、「御自由に御使用ください」との国土交通省の表示とともにちょうどいい高さにある。(写真は平成25年)

手すりの途切れ目

天満川の新横川橋は、欄干の内側にちょうどいい?高さの手すりがある。 橋の親柱の石柱には手すりは無いので、欄干までで手すりは終わり。親柱の足元には凍結防止剤が置かれていた(冬)ので、欄干伝いにそのまま通ることができない。もし手すりが親柱にも続…

二本脚の北海道

その観光バス駐車場の道路向かいはテニスコート。城南通り沿いの歩道はゆとりのある幅で藤棚や喫煙所などのスペースがある。 現存しないが、広島城南交差点の角地に「北方領土問題対策協会」による背の高い看板があった。北海道の地図からとくに「えとろふ …

地下道の案内更新

基町地下道も壁面の彩りが加わり、少し見栄えが良くなった。自転車がそのまま突っ走らなければ安心して歩ける道。 「中央公園広場エリア」の表示もすでに設置。

自転車道の余裕

観音新町の中心の通りが空港通り。広島高速の高架と交わる「広島ヘリポート北)交差点は東西南北どちらも広々している。 広い歩道とは別に自転車道も広い。自転車同士がすれ違える幅が確保されている。

立戸郵便局付近

歩道の工事ではなく道路の片側にしか歩道がないときに、歩行者に向かいに渡るよう勧めることがある。https://maps.app.goo.gl/GhcosVtGFuf3GhUV8?g_st=ic 大竹市の立戸郵便局前を南北に通る道路は県道202号。山陽本線の西側での主要道路で、大竹市新町の青木…

井戸の周り

中央図書館とひろしま美術館の北辺にある緑地は渝華園の移設が大きな変化となる。さらに緑地の一部が遊歩道に変わるところもある。 城南通りの歩道にある明治天皇御用井に突き当たる位置に新たな歩道が開かれる。歩道側から見ると二の丸への御門橋が背景とな…

平成20年植樹の堤防

天満川下流の右岸は観音で左岸は舟入・江波。 南観音橋と昭和大橋の間の堤防上に連なる桜や木蓮の並木道。「国際ソロプチミスト平和広島」による平成20年の植樹。写真は平成23年でまだ枝は小ぶり。その後の枝葉の伸長はストリートビューで辿れる(季節はいろ…

並木の切り株

寺山の上からもよく見えた亀山二丁目の桜の並木。Googleストリートビューでは2013にはあった木が2015では切り株となっている。 南北の道路の西側にフェンスに囲まれた区画がある。かつて日本プレス製作所の工場敷地だった周囲を桜が植えられていた。アブラゼ…

駅前のロータリーの市営駐車場

上越妙高駅東口にはバスやタクシーの乗り場と一般車両の駐停車スペースのロータリーがある。その周囲にはレンタカーやコインパーキングが集まる。 ロータリー内の駐車場は市営で、入口ゲート脇に「短時間専用P」と表示がある。「1時間経過後30分毎に100円の…

寺の前の絵

中島町にある西応寺は峠三吉墓所のあることから被爆を伝える場と位置付けられる。 門前の陶板絵は平成14年に「被爆者が描いた原爆の絵を街角に返す会」により設置されたもの。検索すると除幕式の様子を紹介するしんぶん赤旗の記事が見られる。

左側で行き帰り

「左側通行 お願いします」との看板が参道階段脇に立っていたのは両延神社(安佐北区)。 まっすぐのびる階段の途中に随身門がある。階段の中央に手すりがあるので自然と上りと下りに流れが分かれる。参拝者の多い時はとくに。

出口は降り

kanototori.hatenablog.jp 海峡ゆめタワーの出入口は別々なので、出口側には進入禁止の表示があり、壁のラインで入口側へ誘導される。 さらにその手前、タワー出入口の高さまで上がる通路には昇り専用の階段があるので、ここでも入口と出口の動線は分けられ…

線路を横切る舗装

踏切でない箇所の線路に舗装が横切ると工事車両が通れる。 昨年9月に向洋駅の北で見かけたのは、もとは沿線の道路に白いガードレールが連なる普通の丁字路。遡ってみると令和3年以降、ガードレールが黒と黄色の縞に変わり、その奥にアスファルトが敷かれて線…

西白島のコンビニ看板

平成19年当時の、長寿園正面の祇園新道側道を南向きに見る。新白島駅以前と以降で横断歩道は大きく変わったが、側道そのものは変わらぬ幅。 右側のビル一階のコンビニがサンクスなのは平成28年のストリートビューまで確認できる。翌年分からはファミリーマー…

平成23年の西白島

新白島駅ができる前のJR線路と祇園新道の交差地点。 今は長寿園のある西白島町側から階段やエレベーターで歩道橋を渡る場所となっているが、それまではもっぱら線路をくぐる南北の動き。新幹線高架の橋脚を合間を通るのでまっすぐな道ではない。

公園の隣の道路

横川町の横川第一公園は西区図書館すぐ近くの公園。ビルに囲まれた小さな公園は昨年から集会所の工事が進んでいる。(写真はさらに前の公衆トイレ工事の頃) 公園の北辺から道路に向けて横断幕があり、缶とタバコの投げ捨てはやめましょうと薄れた字で呼びか…

法面に横断幕

堤防工事の済んだ区間の歩道と車道の間の法面に、「堤防整備イメージ」の幕が立てられている。 堤防の断面図でそれぞれの箇所の効果を解説してある。アスファルトの歩道も稾芝の法面も堤防の強度を長く保つことにつながる。

見学ステージの位置

12月時点の堤防工事完成箇所は公園の向かい以北にあり、アスファルト舗装が整って広々とした歩道から川面が見える。 それより南が工事中で、二階建てよ工事見学ステージが用意されている。 kanototori.hatenablog.jp

西広島駅ロータリーの変化

一昨年の11月(上)と、昨年の6月(下)の西広島駅前ロータリー。 工事の進行によって、旧バス乗り場が姿を消し、真新しいアスファルト舗装のバス待機所がゆったりとしたスペースを持っている。

錆の補強

その階段を表(上)から見るとこうなる。 裏からも見えたとおり、蹴込の多くの部分で錆が目立ち、そのうち特に酷かったであろう箇所に補強の板が取り付けてある。他の箇所はまだ大丈夫ということだろうか。

階段と柱の間

アルパーク周辺の連絡通路はその下にも歩道がある。その部分は屋根のある道のように通れるけれど、たいていそういった日陰の空間は自転車が放置されたりする。 放置されやすかったと想像される階段の下には、区役所と警察署による「自転車・原付放置禁止」の…

東棟新館の看板

東棟と西棟の間の道路を連絡通路が跨ぐ。 それを南から望むと、東棟の手前に新館の四角い建物が見える。屋根に鉢巻き状の看板があり、南面には「無印良品」が大きく見えていたが、今はとくに広告が無い(現在の無印良品は西棟) 西面の看板には「GAP」のロゴ…