環藝録

写真でつなぐ広島風物記録

路傍

れんが通り南側

呉市中心部のれんがどおりは長大なアーケードのある商店街。 駅に近い南口交差点からアーケードが始まるが、その道路向かいにも通りは続く。 こちらの車道には屋根は無く、両脇の歩道だけの庇がある。そこで開催された一箱古本市に参加したのは二年前。

金座街の幕

本通の端で交わる金座街のアーケードは広々している。 相生通りに面した入口近くには美術館の企画展の幕。その奥には「みなさまに愛されて80年」の金座街商店街の幕。それを見たのは平成23年、なので今年で90年か。

えびすの社頭

えびす通りのアーケードは切妻様の入り口に合わせて直線的な屋根のてっぺんに電灯がさがる。胡子神社の正面には神社名と紋が頭上にかかげられて境内の位置を示す。 祭りの時期には「胡子大祭」の巨大な文字が赤文字に映える。

東の入口への案内

1階のみの営業になっても壁面の案内表示は残っていた。 駅からカープロードの起点となるのが広島駅前店の正面。西側の入口の前に横断歩道があったが移設されている。 kanototori.hatenablog.jp 駅から見ると奥の、東側入口近くにエレベーターがあることが案…

昇降の手段

www.city.shimonoseki.lg.jp 一昨年6月公開のページに人工地盤の昇降機改修計画の図面がある。 階段とエスカレーターとエレベーターの設置箇所について「バリアフリー法、安全管理、歩行者利用者数を考慮して」減ったり増えたりした。 特にエスカレーターは…

イルミネーションのある広場

にぎわい創出部会 | エキマチ下関推進協議会 「エキマチ広場」は日本セレモニーウォークのイベントスペース。広島駅南口の地下広場や平和大通りを連想する。 あまり高くない段差のステージは南に面している。 電飾の網の絡まる植込みには注意事項がいくつか…

高い位置の駅前

下関港国際ターミナルから北に延びる歩道橋は下関駅前の人工地盤に通じる。 ネーミングライツにより平成31年から「日本セレモニーウォーク」の愛称が設定されている。 駅舎を背に、ここも波打つフェンスに囲まれて「平家踊りの群像」のモニュメントがある。 …

木目の欄干

福山八幡宮前を横切る御手洗川は、芦田川からの水を東へ流し城下の用水となった。 古い橋も多く、コンクリートの親柱と欄干に高さを補うガードレールが重なって安全を保っている。 kanototori.hatenablog.jp 道路と川を隔てるガードレールは木目調の角柱。寺…

庭園の壁の外

中央公園はサッカースタジアム建設とそれに先立つ発掘調査のため立入禁止。公園西側の車道も塞がれ、西端の中国庭園「渝華園」も入れない。 本川堤防緑地は通れる。道ゆく人が工事の様子を眺める時、鳥のモニュメントの手前に囲われた防音壁がまず目に入る。…

横断歩道消去

横川新橋のすぐ下流、天満川堤防の工事により通行止めの歩道。 車道の向かいから遊歩道へ敷かれていた横断歩道は、渡った先が工事中で通れないとなると渡れないほうがいい、ということで白線が削られている。「令和2年11月24日から通行できません」との案内。

堤防上の改良

可部バイパスから安佐市民病院とあき亀山駅に通じる道路の改良工事が進んでいる。 「安佐北3区103号線」という市道と「ほか2路線」が対象。 堤防上の区間のほとんどは103号線だが、103号線は大毛寺川沿いには行かず県道宇津可部線に接続する。大毛寺川沿いの…

まちなかホコテン

同じような時期、23年の3月12日(または翌13日)に「まちなかホコテン2011」が開催されることに合わせて、並木通りと中の棚の一部が車両通行止めとなった。 その予告の看板。 実際に12日に開催されたイベントの中に「一箱古本市」もある。 kanototori.hatena…

地下道前

中央公園は城南通りなどの車線の多い道路に寸断されているので、歩行者や自転車は地下道で南北を行き来する。 地下道の出入り口によっては、スロープではなく階段だけが通じている省スペースな所もある。 その場合は自転車は通れないから、手前の茂みの頭上…

美術館周囲の小径

中央図書館の東隣、ひろしま美術館は中央公園の一部にあるので周りの遊歩道も公園の一部でゆったりした緑地帯。 野外展示もあって落ち着いた風景が意識されている。 ここに自転車・バイク等を放置しないよう立て札が警告する。代わりに示される駐輪場の案内…

西原駅の駐輪場ではないところ

アストラムラインの高架駅は道路の両側に出入り口を持つ。歩道橋が枝分かれしてさらに出入口を多く持つところも。 たいていはその歩道橋階段近くに駐輪場を備える。駅によっては車道と歩道の間に側道があるような立地であると駐輪場との距離が長いように見ら…

宝橋の西

駅や港周辺を観光客が移動しやすくするのが連絡通路。 立体の連絡通路が必要になるのは、地上の道路を車が通るから。 これもまた14年前の写真。大和ミュージアムとゆめタウンの間の道路にあるバス停は呉市内の路線バスが止まる。この頃はまだ呉市営バス。 連…

西側の連絡通路から

呉駅は改札口が北側(内陸側)にあって、海側の桟橋や大和ミュージアムへ行くには連絡通路で線路をまたぐ。 最短距離なら駅東側の通路があるが、駅ビル(クレスト)を通り抜けた先の西側にも連絡通路があるので、ここから見るとレクレの先に各種施設がある。…

下道からの入口

寒曳山パーキングエリアは現在では有人の売店は無くなり自販機のみになっているとのことで、四年前見た時と今とでは様子が違うのだろう。 細いゲートの頭上に「ありがとうございました またのおこしをお待ちしております」との帰りの挨拶がラーメン?のアイコ…

駅に近い文化の道

広島駅から見ると橋を2回渡ったところの上柳橋西詰。 歩道の舗装には「文化の道」の表示が埋め込まれている。 案内図もいくつもの文化施設や史跡を示す。縮景園、平和記念聖堂、広島城、平和公園。一度に全部巡ることができるかどうか。

北が斜め

その才野瀬橋の歩道たもとには「N」「W」「S」「E」の文字プレートが埋め込んである。方位盤の機能を持つ。 橋の向きは北西と南東にあり、方位盤を四角とすると収まりがいいが、四つの文字の繋げ方は北を頭にした鳥の形。

スポーツセンター近くの歩道橋

安芸区スポーツセンターは瀬野川左岸、才の瀬橋を上手に見る位置にある。 瀬野川の堤防沿いに国道2号が通っていて、橋詰の横断歩道だけではなく、スロープ型の歩道橋で行き来することができる。 中央を自転車が通れるスロープなので、階段だけの場合よりも緩…

階段の下が短い

広電の草津南駅は駅の下をくぐる地下道がある。 真上に草津沼田道路の高架があり、踏切は駅の東隣に。 自転車の通れる坂と階段が南北両方対称にあり、地下通路部分は短い。

金の雲

横川駅の南北自由通路は24時間通れる。かつては通れない時間があったので修正痕がある。 k-o-y-kanpai.com 「金雲のみち」と題された壁面装飾は今年の3月に施された。地元企業と地元団体と市立の大学の協力で進められた。 南北の出入口近くに紹介ページへのQ…

撤去予定の木

相生通りの歩道脇、蓋を囲んだ植栽の僅かなスペースに、若い桜が一本。 桜の幹に樹木銘の札が掛けられているが、さらにもう一枚「注意」の札もある。 「許可を得ずに樹木を植えられている方は、直ちに樹木を撤去してください」という広島市の注意が歩道に向…

堀と天守を背に

同じく広島城跡の被爆樹木に内堀北東角のクスノキがある。 ランニングなどの人通りも多い道で、土や囲いに手入れされた後はよく目立つ。 堀を挟んで天守閣がおさまるので、そういう配置で写真を撮られることも多いのだろう。

11年前の交通規制

平常のフラワーフェスティバルなら、平和大橋周辺は人波のど真ん中で立ち止まりにくいからパネル展示の全景を写真に収める余裕はない状況。さらにこの頃はまだ平和大橋に歩道が追加される前。 平成22年、11年前の会期中。相生通りに立てられた交通規制の案内…

FF前史

平和記念公園の南東隅、平和大橋のたもとに設置された3枚のパネル。右下には今年の会場案内もある。「ひろしまフラワーフェスティバルと広島のあゆみ」と題した写真つきの年表で、ここでは原爆投下からカープ初優勝までの期間を載せているので、フラワーフェ…

ロータリー出入口の長さ

横川駅南口のロータリーには「かよこバス」の展示や郵便ポスト、被爆状況の説明板などがある。 木は多いので公園のようではあるが周囲を車が行き交うのでくつろぐ場所にはなりにくい。 すぐ通りすぎるような小さな島を、ロータリーの車道入口と出口がつなが…

横川駅前横断歩道

横川駅南口に乗り入れる広電横川駅は1番と2番の乗り場がある。1番に到着した電車は反対側の扉を開けて降車となり、乗る人は1番の側から開くのを待つ。 ホームの突き当たりは柵で塞がれていて、目の前の横断歩道から入ってこないように、またはホームから横断…

桜のある歩道

三滝観音バス停の少し先、三瀧寺への道しるべの立つところまで点々と桜並木が続く。 バス停降り場の近くの桜の木は、幹が倒れないよう両側から支えてある。 公園近くの木では、分かれた枝同士をワイヤーで引っ張って支えてある。