環藝録

写真でつなぐ広島風物記録

路傍

三原港のヤシ

三原港前を東西に国道2号が通じていて、駅前の「ペアシティ中央ロード」と交わる。 kanototori.hatenablog.jp 椰子の並木が青々と葉を靡かせつつ、茶色の幹には「ワシントンヤシ」のネームプレートが大きく巻き付けられているのが頭上近くにある。

記念植樹横並び

廿日市地方合同庁舎は平成20年落成。つい最近。記念植樹の標柱もまだまだ新しい。 植えられた木にはそれぞれネームプレートが立てられている。ハナミズキもヤマモモもイロハモミジも、低い位置に枝葉が茂らないのでプレートの周りも広々としている。

バス停の背後の花壇

平和大通りの緑地帯は樹木の緑が多くて、季節の花の色で覆われるようなところではない、 けれど、並木通り入口バス停の背後に広がるバラの花壇は、この季節遠くからもよく目立つ。平常のフラワーフェスティバルよりは今回のような大通りでよく人の眼をとめた…

堀の角の花壇

広島城内堀の北東角には被爆樹木のクスノキがある。堀の向かいからも枝を支える姿が見える。 根元には若い枝葉や草花が茂る。

散歩での侵入禁止

公園や河岸の緑地に野良猫は自由に出入りする。(野良ではないかもしれない) 市街地の歩道脇の植栽、とくに花壇にも、犬猫は出入りしようとすれぼできるが、管理者は入らせたくない。 東区民文化センター前の歩道脇、アジサイの植えられている花壇には「こ…

大芝水門の東

太田川の大芝水門は東区と西区に跨って本川の起点となる。 東区側の堤防上の道はランニングコースとして長い距離をスムーズに移動できるはず。上流の祇園新橋では橋の下をくぐる道もある。 大芝水門ではトンネル状の下道がありつつ、上の道では横断歩道を渡…

背面は横書き

広島東照宮の表の通りを西に少し、二葉あき子歌碑が緑地の中に立つ。 表の面の歌詞は縦書きで『夜のプラットホーム』。 裏は協賛者の芳名のプレート。横書きで名前が連なり、左に企業・団体名、右に個人名が並ぶ。近隣の寺社では東照宮以外の名が見える。

タケノコ並みの高さ

竹原市の街路樹は竹。 kanototori.hatenablog.jp 涼しげに連なる竹の道になる前の姿、地中に根を張る筍の状態のうちはほかの街路樹に埋もれて目立たない。 そして人の手で掘り返されてはならないので低い立札が注意する。「竹の街路樹育成中」と。

読ませる角度

例えばブールバール(西条)の歩道にある史跡ガイドはウォーキングコースの距離の目安を兼ねる。 野外に設置された説明板は、概ね直立した人の目線で読みやすい大きさと角度にデザインされる。垂直では読み進めにくい、と言うと石碑の大半が読みにくいことに…

階段の端に石碑

広島東照宮には鳥居脇の駐車場入口に明治の石碑が2基立っている。 奥の駐車場に通じる短い坂道がアスファルトで舗装されていて、坂から降りる階段が石碑の台座に降りる道。 この形に整備される前はアスファルトの下に埋もれた石段の端がわずかに見えていた(…

階段の平成の変遷

大歳神社の一二三坂は、昭和15年の遷座当初123段の階段をもつ「本州最西端鎮護の神」への表参道として整備される。 平成10年には「港のみえる丘の小径」整備のため115段に改まる。地面が整備されるほど、もともとの石造物の根元が隠れていく。 平成29年の、…

説明板諸相:学校と歩道の間

幟町中学校は縮景園の隣。広島駅から歩いて縮景園や美術館に向かう時に右手に見かける。 歩道は「文化の道」の一部なので通りやすい幅(橋の近くでは狭いところもある)。学校の敷地は一段高くフェンスと木が守る。合間にモニュメントがあって説明板は歩道脇…

城南通りから見る中央公園

西側園路の封鎖された中央公園は全体をフェンスに囲まれて白い。 道路を挟んで北東を望むと天守閣の上半分が見える。

封鎖が長い

広島城西の丸跡の中央公園で工事中のサッカースタジアム。公園の隅の渝華園も姿を消し(別の場所に移築予定)、公園の西側を貫く車道も塞がれた。 令和6年まで長期にわたって通行止めとの看板。その頃には道路も周囲も様変わりして発掘の成果も相当知れ渡っ…

点字ブロックに触れさせない

府中大川に注ぐ榎川と八幡川。二つの川に挟まれて町役場がある。 役場の前を通る県道272号は八幡川を渡るが、府中大川沿いは通らない。 かつては府中大川沿いから八幡川河口をまっすぐ渡っていたであろう道の名残が、ガードレールに囲まれていた。

山と水の着色

富山市の消火栓にも、水を表す曲線が水色に塗られている。 周囲を縁取る黄色は剥がれているけれど、窪みの中の水色は鮮やかに残る。 山を表す三角形はやや濃い緑色。

中町港から600m

江田島市の中町港は市の中央部、旧能美町と宇品を結ぶ港(国道の航路ではない)。 港の入口交差点の角に、能美海上ロッジとシーサイド温泉のうみまで600mの看板が立っていた。今日時点では、Googleストリートビューで看板がまだある時と撤去された後の両方の…

看板のある交差点

反対に東から西に、安佐北区民文化センター入口交差点を見てみる(平成21年)。 消費者金融の看板は、このバイパスや可部中心部に向けて目立たせている。 それらのいろいろな高さにバラバラに立つ看板のほかに、北向かいの交差点角には、西や北に進んだ先に…

フィットネスのFC

そんなフタバ書店もといフタバ図書は、フィットネスのフランチャイズ事業もある。ベンリーとかレンタカーと違い現在進行形。 写真は令和元年6月、可部の国道191号沿いに出店するという頃。もとはカメラ店の建物なので大きな看板に名残が伺える。

目印の名残

宇品のエディオンはデオデオの頃から現在地。 平成25年時点でも「デオデオ宇品店向かい」という位置案内の目印になる。 とはいえ開発の進むこの一帯は、大規模な店舗やマンションが立ち並んでエディオン以外の看板も目立つようになり、何の看板や建物なら通…

東2出口

同じく地下道北通りに通じる出入り口。県庁前駅の北改札口からさらに北、エレベーターと階段があるのが東2出口。 そこからさらに市民病院の出入り口に通じる通路があるが、現在は通行止め。 同じような形の掲示物が通路脇に貼られている。初めは「通り抜け…

石垣転用の舗装

同じように、広島城下町の堀の位置を示す説明板が広島法務総合庁舎前にある。 縮景園・県立美術館から西へまっすぐ行き、歩道に面した敷地内にしきつめてある石垣が、もともとは地中の外堀(八丁堀)にあったものという説明。外堀の一部か復元されているわけ…

大手前通り

駅前から姫路城に向かう、まっすぐ1kmほどある大手前通り。 通りそのものには派手なイルミネーションは無く街灯の赤が点々と。 遠く白く浮かぶ天守閣。

ホームの南端で右左

富山駅の南口側にも、路面電車の線路を渡る踏切(遮断機無し)があり、そこを渡ろうとする人はミラー越しに運転手の目に留まる。 踏切側から乗り場を見ると、外より暗い空間に電車のライトが目立つ。

ホームの真ん中で右左

富山駅の路面電車は、自由通路が横切って南に1から4、北に5から8番の乗り場がある。 北方面は岩瀬浜行きのみで5番と8番、南は南富山方面か富山大学方面あるいは丸の内と中町を結ぶ循環線。遮断機の無い自由通路を行き交う人をミラーが捉える。あるいは渡…

通りやすい自由通路

橋上駅となった岩国駅は東西の駅前を結ぶ広い通路と階段を持つ。 駅の乗降だけでなく通り抜けに使われることも想定されているけれど、階段とエスカレーターの間の注意書きは、自転車の走行やペット連れの通行を禁止している。あくまで歩行者に限定された自由…

新大阪地下道

JR京都線などの走る新大阪駅南北の線路は淀川区と東淀川区の境を成す。 線路の東側が境界なので新大阪駅も東淀川駅も東淀川区ではない。 その幅広い線路の束をくぐる地下道もまた幅広い。自転車は歩道部分を通れるが走行は禁止される。

新大阪の東

新大阪駅は東西の新幹線高架下と南北の在来線が交わるところ。 その北西角、高架手前の踏切から駅舎の方を見るとトンネルのように奥が暗い。頭上には「駅マルシェ」。

自販機でのもてなし方

広島城の東門近く、縮景園から城に向かう通りの角に自販機があり、 この夏に見かけた内容は飲料の他に、除菌シートやマスクとハンドジェルのセットが買えるようになっていた。 飲料では甘酒や志和の天然水といった広島産品を含み、観光客の急なマスクや消毒…

天神川駅入口

天神川駅入口は階段の下。 周辺案内図と時刻表、さらに乗り場ごとの行き先(西条方面はこちらではないこと)が目立つ位置に大きく表示されている。 大雨による運行取りやめの予告が出た際は、階段の袂にホワイトボードが立てられた。